学芸大学

治安が良く活気がある街

img

学芸大学はどんな街?

学芸大学駅は、再開発で注目の渋谷駅から急行で2駅と、都心アクセスの良さが光る街です。また、駅前の東西に広がる商店街には、庶民的なお店や綺麗なカフェなど様々なお店が立ち並んでいることもあって、あらゆる年代から支持されています。賑やかな雰囲気が印象的な学芸大学駅ですが、商店街を抜けると碁盤の目のように整備された美しい住宅街が広がっており、住みやすい閑静な住環境の優れた街といえるでしょう。

image instruction
学芸大学駅
image instruction
商店街
image instruction
高架下沿い
image instruction
カフェ

学芸大学という地名の由来

学芸大学という地名の由来は、その名の通り「東京学芸大学」にあります。現在、東京学芸大学は1964年に小金井市へ移転していますが、東京学芸大学附属高等学校は学芸大学駅が最寄駅になります。なぜ、東京学芸大学が移転して半世紀以上経過したにも関わらず、駅名は学芸大学駅のままなのでしょうか?東急電鉄は1999年に目黒区民に駅名変更に関するアンケートを行い、3分の2以上の賛成があれば変更する方針としていたようです。しかし、アンケート結果において反対意見の方が多かったため「学芸大学」の駅名が今もなお受け継がれているようです。地名だけ見ると学生街と勘違いされやすいですが、そうではありません。知っている人は少数派なのではないでしょうか?

学芸大学駅周辺のおすすめスポット

学芸大学駅の高架下には、「GAKUDAI KOUKASHITA」という商業施設があります。GAKUDAI KOUKASHITAは、元々は「東急ショッピングコリドール」という商業施設であり、2012年に高架橋耐震補強工事に伴って生まれ変わった商業施設で、都立大学方面から順に「学大小路」「学大市場」「学大横丁」の3エリアからなっています。商店街とはまた一風違ったおしゃれなテナントがたくさん入っているので、是非おすすめしたいスポットの1つです。

image instruction
学大横丁
image instruction
学大横丁のテナント一覧

また、学芸大学駅から徒歩6分ほどの場所にある「碑文谷公園」はあらゆる世代から親しまれている憩いの場であり、連日多くの人で賑わいます。中でも公園内の「こども動物広場」ではモルモットやウサギ、犬などの小動物と無料でふれあえることから子供たちから人気のようです。また、公園内の弁天池ではボートに乗ることもでき、非日常感を体験できます。池の小島には、昔から地域の人の手によって管理されてきた厳島神社があり、季節によって様々な表情を見せてくれます。

image instruction
碑文谷公園
image instruction
碑文谷公園の厳島神社

学芸大学周辺の土地

NEW 1億4800万円 ~ 1億4800万円
憧憬のエリア「下馬」で実現できる理想の家
所在地 東京都世田谷区下馬6丁目
最寄駅 学芸大学徒歩10分
面積 129.14㎡ ~ 129.14 ㎡(39.06坪〜39.06坪)
premium
NEW 1億1980万円
緑豊かなプレミア街区「下馬」に開放感あふれる家を
所在地 東京都世田谷区下馬6丁目
最寄駅 学芸大学徒歩7分
面積 110.92 ㎡(33.55坪)
premium
価格改定 5980万円
家は30代で建てる人が多数派。武蔵小山に初めてのマイホームを
所在地 東京都目黒区目黒本町4丁目
最寄駅 武蔵小山徒歩13分 学芸大学徒歩15分
面積 65.18 ㎡(19.71坪)
premium
価格改定 1億1980万円
中丸小学校通学区域、「野沢」で明るい暮らし。
所在地 東京都世田谷区野沢3丁目
最寄駅 学芸大学徒歩17分 駒沢大学徒歩18分
面積 118.57 ㎡(35.86坪)
premium